ネットワーク情報システム学研究指導(博士後期課程)

研究指導(博士後期課程)
  • 概要 技術の進展に対応できる柔軟性や突発的な障害に対する高信頼性など、より広い視野からネットワーク情報システムを見通した基礎的研究、 ならびに、ネットワーク情報システムの一層の高度化をめざした理論と応用の両面にわたる研究を行う。ネットワーク情報システムはとくに人間の知的活動とのつながりが深いことから、情報・ネットワーク・情報システムに関する科学を学際的観点からとらえ、 人間とネットワーク情報システムとの関わり合いを重視しながら、総合的かつ体系的な構築方法論を探究する。それらを通して、専門分野における深い学識と思考力をもち、新しい学問の芽を育てることができるような、創造性の豊かな研究者を育成する。 
  • キーワードユビキタス、分散協調、自律共生、情報マネジメント・共有活用、グループウェア、人間中心、サービス指向、e-ラーニング支援